【大学野球】中大が1勝1敗のタイに 主将の北村恵吾が打線に火をつける2ラン

スポーツ報知
バッティングでチームをけん引した中大・北村

◆東都大学野球春季リーグ1、2部入れ替え戦第2日▽中大13―7東洋大(21日・神宮)

 1部6位の中大が2部1位の東洋大に打ち勝ち、1勝1敗のタイに持ち込んだ。前半から打線が爆発。1―1の1回裏に主将で5番の北村恵吾一塁手(4年=近江)が勝ち越し2ランを放つと、3回には一挙5得点。4回までに10点を挙げ、優位に試合を進めた。

 先発の石田裕太郎投手(3年=静清)は、7回まで10安打を浴びながら3失点で踏ん張り、8回からは継投に。最大9点差から4点差まで詰め寄られる場面もあったが、なんとか逃げ切った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×