激戦の参院選東京選挙区で「生稲晃子氏は当選圏内」…選挙プランナー三浦博史氏が太鼓判

生稲晃子氏
生稲晃子氏

 第26回参院選が22日、公示される。改選定数の124議席(選挙区74、比例50)に神奈川選挙区の欠員1を補充する合併選挙を合わせた計125議席を与野党で争う。立候補者は20日現在で約520人。昨年の衆院選の議席予測で自民、公明両党の議席を完全的中させた選挙プランナーの三浦博史氏(71)が各党の情勢を徹底分析した。(久保 阿礼、坂口 愛澄)

 * * *

 全国屈指の大激戦が予想される東京選挙区(改選6)。三浦氏は自民2、立民1、公明1、共産1議席の獲得は堅いと分析する。

 「自民の朝日健太郎氏、生稲晃子氏は当選圏内。生稲氏は、新人としては演説も評判が高く、一番伸びしろがあります。蓮舫氏(立民)、竹谷とし子氏(公明)も圏内。本来、山添拓氏(共産)はトップ3に入ってもおかしくないのですが、意外と伸び悩んでいます。共産支持者の高齢化が進んでいることに加え、志位和夫委員長が二十数年間、代表に居座っており、組織は硬直化していると言われています」

 残り1議席をファーストの会の荒木千陽氏、れいわ・山本太郎氏、日本維新の会・海老沢由紀氏、無所属の乙武洋匡氏らで争う構図になる。

 「荒木氏は小池百合子都知事の全面的な力を借りても、思ったほど伸びていません。維新は擁立する候補者によってはブレイクする可能性もありましたが、大阪市議の海老沢氏では厳しい。最後に滑り込むのは山本氏でしょう」

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請