【オリックス】宮城大弥狙うは「3回ノーヒットノーラン」

スポーツ報知
宮城大弥

 オリックス・宮城大弥投手(20)が20日、先発する21日のソフトバンク戦(京セラD)へ「3回ノーノー」の目標を掲げた。18日の西武戦(ベルーナ)でノーヒットノーランを達成した山本に続こうと、ひそかに大記録を思い描いている3年目左腕。だが「ちょっと夢を大きく持ち過ぎている部分もあります」と、あえて控えめにノルマ設定した。

 今季ここまで11試合に先発し、初回の被安打が8試合。「せめて3回までとか、(打順の)一回りとか。(ノーヒットノーランが目標と)思ってるんですけど、初回で終わってるので…」と現実と向き合う。3回無死からの被安打で夢破れた6月5日の広島戦(マツダ)が今のところ“最長”だ。

 先輩右腕の偉業を見届けたのは宿舎のテレビ。「参考(になること)しかない。いいなと思いつつ、悔しい部分もありました」と刺激にしている。

 週の頭を託されるのは今季初。ソフトバンク戦は2試合で1勝、防御率1・50。この日は自主練習で登板に備えた。「大きい目標を置いて、積み重ねをして、たどり着けたらなと思っています」。パ単独トップの7勝を挙げるエースに次ぐ、チーム2位の5勝と奮闘中。着実に目標を遂行し、大きな夢へ近づく。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×