フランシスコ・アキラ、TJP組が田口、ワト組下しIWGPジュニアタッグ王座奪取…新日・後楽園大会全成績

スポーツ報知
IWGPジュニアタッグ新王者となったフランシスコ・アキラ(左)とTJP(新日本プロレス提供)

◆新日本プロレス「NEW JAPAN ROAD」大会(20日、東京・後楽園ホール、観衆542人)

 メインイベントのIWGPジュニアタッグ王座戦で、挑戦者のフランシスコ・アキラ、TJP組が3度目の防衛を目指した田口隆祐、マスター・ワト組を下し、王座を奪取した。

 「ユナイテッド・エンパイア」軍のTJPとアキラは流れるような連携を披露。終盤、アキラが田口をラ・ケブラーダで分断すると、最後はTJPとアキラの合体技・ザ・リーニングタワーがワトにさく裂。3カウントを奪った。

 試合後、アキラは「このIWGPの名のつくベルトを巻くことが俺の生涯の夢だった。史上初のイタリア人のIWGPチャンピオン。歴史を作った」と話した。

 優勝者が26日(日本時間27日)の米シカゴ大会で行われる初代王座決定4WAYマッチに進出するAEWオールアトランティックチャンピオンシップ進出トーナメント1回戦は石井智宏とクラーク・コナーズが勝ち、21日の決勝進出を決めた。

 ▽20分1本勝負

 〇アーロン・ヘナーレ(5分06秒 アルティマ)藤田晃生●

 ▽8人タッグマッチ30分1本勝負

 〇EVIL、高橋裕二郎、SHO、ディック東郷(9分42秒 EVIL→片エビ固め)後藤洋央紀、YOSHI―HASHI、矢野通、YOH●

 ▽6人タッグマッチ30分1本勝負

 〇鷹木信悟、内藤哲也、SANADA(8分38秒 パンピングボンバー→体固め)オカダ・カズチカ、中島佑斗、大岩陵平●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負

 〇高橋ヒロム、BUSHI(9分23秒 D)石森太二、外道●

 ▽AEWオールアトランティックチャンピオンシップ進出トーナメント1回戦・時間無制限1本勝負

 〇クラーク・コナーズ(11分29秒 トロフィーキル→片エビ固め)本間朋晃●

 ▽同・時間無制限1本勝負

 〇石井智宏(19分37秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め)金丸義信●

 ▽IWGPジュニアタッグ選手権試合30分1本勝負

 〇フランシスコ・アキラ、TJP(24分15秒 ザ・リーニングタワー→片エビ固め)田口隆祐、マスター・ワト●

 ※アキラ組が新王者に。田口組は3度目の防衛ならず

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×