那須川天心、武尊との世紀の一戦から一夜明け「自信を持ってキックを終えられる」

スポーツ報知
激闘を報じるスポーツ報知を手にポーズを決めた那須川(カメラ・小林 泰斗)

 キックボクシングの那須川天心(23)=TARGET/Cygames=が、ボクシング転向へ覚悟を打ち出した。19日に行われた格闘技イベント「THE MATCH2022」で、K―1の3階級王者・武尊(たける、30)=K―1 GYM SAGAMI―ONO KREST=を判定で退けた一戦から一夜明け、都内で会見。15歳のデビューから無敗を守った“神童”は「生半可な気持ちで行くわけではない」と、次のステージでの飛躍を誓った。

 天心はまだ、夢見心地だった。武尊との“世紀の一戦”を制し、リング上で大号泣して一夜。緑色のスーツに身を包み、「初めて一睡もできなかった。この興奮、ずっと冷めたくないなと。僕の中ではまだ『6月19日』です」と、穏やかな笑みを浮かべた。

 K―1のエース、武尊と実現した立ち技最強決定戦。1回終了間際に、会心の左フックでダウンを奪った映像は「500回くらい見た」という。5万6000人超の大観衆の中、至高の9分間を戦った。「武尊選手という最高の選手がいたからこそ熱い試合ができた」。試合後の涙については「2人にしか分からない事がある。感情がバッと出てきた」と振り返った。

 戦前からキックボクシング最後の試合を公言してきたが、「もし負けたら、ボクシングに転向は絶対にできないという覚悟はあった」と自らを追い込んできた。重圧を乗り越え、15歳でのプロデビュー以降、総合格闘技などを含む戦績は47戦全勝(32KO)を死守。「日本で最強を証明できたので、自信を持ってキックボクシングを終えられる」。未練なく、勝負のステージをボクシング界に移す。

 今後は、前WBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太ら12人の世界王者を輩出した帝拳ジム入門が濃厚と見られる。天心は中学3年時から同ジムに通い、ボクシング転向に備え、数か月前まで練習をしていた。また、元帝拳ジムトレーナーの葛西裕一氏(52)が指導に携わるなど縁が深い。今後、本格的な交渉に入る見通しだ。

 この日、自身の会見の前に他選手から将来的なキックボクシングへの復帰待望論が出た。ただ「ほぼないですね。生半可な気持ちで転向することもないので。ボクシングに集中したい」と、キッパリ否定。デビュー時期や階級について明言を避けたが、しばしの休養を経て再始動する。「チャンピオンになるのは誰しもが目標にある。そこに向かってやっていく」。天心の“第2章”も、多くのファンが心待ちにしている。(大谷 翔太)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×