【大学野球】 2部1位の東洋大が先勝 3番・石上泰輝が満塁弾

スポーツ報知
力投する東洋大の細野

◆東都大学野球春季リーグ1、2部入れ替え戦第1日▽東洋大8―4中大(20日・神宮)

 2部1位の東洋大が、1部6位の中大に完勝した。

 両校無得点の5回裏。1点を先取した東洋大は、なお1死満塁のチャンスで3番・石上泰輝遊撃手(3年=徳島商)が右翼席へ本塁打を放ち、5点を挙げるビッグイニングとした。

 7回表に2点を返されたが、その裏に2連続押し出しなどで3点を追加して試合を決めた。

 先発のエース左腕・細野晴希投手(3年=東亜学園)は、7回途中まで投げて2失点。その後、4人の投手がつないでリードを守り、昨年春以来の1部復帰へ「あと1勝」とした。

 中大は、投手陣が9四死球と乱れたのが響いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×