3組で神奈川大が首位浮上 東海大2位、東洋大3位、大東大4位…7枠を争う全日本大学駅伝関東選考会

スポーツ報知
第3組、1着の大東大・大野陽人(カメラ・小林 泰斗)

◆全日本大学大学駅伝関東選考会(19日、神奈川・相模原ギオンスタジアム)

 本戦(11月6日、名古屋市~三重・伊勢市)の出場権7枠をかけて20校が参加。1万メートルのレースが4組行われ、各校2選手が出場して計8人の合計タイムで争う。

 第3組は中盤までスローペースで進み、終盤、神奈川大の2選手がそろって先頭集団で健闘。小林篤貴(3年)が2位、宇津野篤(3年)が5位でゴールし、第1、第2組終了時点の2位から首位に浮上した。

 第1、2組で首位だった東海大は2位に踏みとどまっている。

 昨年の本戦10位でシード権(8位以内)を逃し、2008年以来、14年ぶりに選考会に回った東洋大は第2組終了時点の3位をキープ。

 真名子圭(まなこ・きよし)新監督(43)のもと、5年ぶりの全日本大学駅伝を目指す大東大は第3組で大野陽人(4年)がトップと大健闘。出場圏内の4位をキープしている。大野は「真名子監督がいつも言っている強い走りができたと思います」と感慨深い表情で話した。5年ぶりの伊勢路へ、あと一歩に迫った。

 日大が出場圏内ぎりぎりの7位と踏ん張っている。8位の城西大が6秒22の僅差で続いている。

 例年6月下旬に開催される全日本大学駅伝関東地区選考会は、猛暑に見舞われることもあり、ゴールできずに途中棄権をする選手もいる。ハーフマラソンに各チーム12人が出走し、上位10人の合計タイムで競う箱根駅伝予選会と異なり、出走8人全員の1万メートルの合計タイムで競うため、ひとりでも途中棄権すると、その時点で伊勢への道は途絶える。古くは2005年に東海大、最近では2016年に神奈川大と創価大、2018年に中大が途中棄権し、本戦の出場権を逃した。この日、会場の相模原市の最高気温が29・2度。夕刻になっても暑さが残り、さらに強めの風も吹くタフなコンディションとなった。一定のペースで進む記録会とは異なり、レースの途中でペースが乱高下することが多く「速さ」より「強さ」が求められる選考会。伊勢行きの7枚の切符をかけた戦いは、ケニア人留学生が8人出走のハイレベルの最終組に突入した。

 第3組終了時点の成績は以下の通り。

 <1>神奈川大

 <2>東海大

 <3>東洋大

 <4>大東大

 <5>中央学院大

 <6>創価大

 <7>日大

 6秒22差

 <8>城西大

 <9>帝京大

<10>国士舘大

<11>駿河台大

<12>立大

<13>山梨学院大

<14>法大

<15>日体大

<16>日本薬科大

<17>上武大

<18>専大

<19>東農大

<20>拓大

 本戦には全国から25校とオープン参加の日本学連選抜チーム(東海を除く)と東海学連選抜チームを含めた27チームが出場。昨年の本戦で優勝した駒大を始め、2位・青学大、3位・順大、4位・国学院大、5位・東京国際大、6位・早大、7位・明大、8位・中大はシード校。関東地区からは計15校が本戦に出場する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×