今井絵理子参院議員の長男・礼夢が京王閣競輪場で熱戦 タッグマッチで3カウント奪う

スポーツ報知
今井礼夢(右)とユーマ24

 報知新聞社杯をかけた京王閣競輪最終日の19日、第3R終了後、特設リングでHEAT―UPプロレスによるタッグマッチが行われ、自民党の今井絵理子参院議員の長男の今井礼夢(17)が熱いバトルを披露した。

 2020年10月プロテストを合格し、12月にデビューした礼夢。くいしんぼう仮面とタッグを組み、さっそうと登場。競輪にちなんだ「プロレスは格下のまくり一発」と名付けられた10分1本勝負のタッグマッチに臨み、ユーマ24、佐藤大地と対決した。若干13歳、110キロの佐藤大地とのマッチアップでは「おやじ狩りには遭わねえぞ!」と発奮。礼夢がリングサイドから両手で拍手を要求すると、場内から“くいしんぼうコール”がわき起こった。一進一退のバトルは最後、礼夢がスクールボーイで3カウント。見事に勝利し、報知杯の京王閣ナイターを熱くした。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×