【中日】立浪和義監督、二刀流出場の根尾昂に「戦力として計算して、どんどん投げさせる」一問一答

スポーツ報知
岡本和真を空振り三振に仕留めた根尾昂(カメラ・相川 和寛)

 ◆JERAセ・リーグ 中日3―5巨人(19日・バンテリンドーム)

  中日は先発の柳裕也が7回4失点と踏ん張り切れず、連勝が2で止まった。4点ビハインドの9回2死には投手に本格転向した根尾昂外野手がリリーフし、岡本和を空振り三振に仕留め、9回の攻撃では空振り三振に倒れたものの、打席にも立った。

 立浪和義監督は今後の積極起用を明言した。

 以下は一問一答。

 ―柳は本塁打の後の2点が痛かった。

 「(増田陸を迎えた)あそこはもちろん満塁(でもいい)という、広くという感じで勝負いきながら甘くならないようにというところだった。(柳)本人も分かっていると思うんですけど、前のボールよりもちょっと中に入ってきてね。もちろん打ったバッターもまあまあのボールを打っているわけですから。インコースいく分には悪いと思わないし、ただボール気味でね、定石からいけば、次にスライダーで誘って、それで四球だったら仕方ないというところで結果打たれてしまった。まあしょうがないんですけど」

 ―追い込んでからの選択が考える余地があった。

 「まあそうですね。ボール気味でやっぱりストライクゾーンは打たれたくないところなんで。ただ打者もまともに来ないなと思いながら打つのが難しいしね。もちろん柳も勝負にいきながら、状況は把握しながらやったんですけどね。でもまあまあいいコースでしょ。あれだけ詰まっているんで。バッター(増田陸)も予測があったのかは分からないんですけど。まあ結果的に2点も痛いですし、後は1点、1点と取られたね。その状況でいっていれば(高橋)周平のホームランがあったかどうかは分からないけどもね。ああいうことも野球というのはあるんで」

 ―7イニングで4四球は柳にとっては多い。

 「当然、一発を警戒しないといけない打者が多いんで、コース狙い過ぎて、フルカウントが非常に多かった。それだけ連敗中と言えども、迫力はある打線なんで。ずっと良いピッチングをしながら勝ちつかなかったんで、またこういうふうになってしまうこともあるんですけど、とりあえずは早く勝ちつけられるように先に点を取ってやっていかないといけないなと思います」

 ―岡本和の本塁打から坂本、ポランコと同じように踏み込まれていた。

 「やっぱり外(角)中心にはどうしてもなるんで、インコースの使い方も大事になってくると思いますし、明らかに内角にいって、次が外角と決められるようなインコースの使い方でもいけないしね。踏み込んできた時にいかにインコースいくかなんで。いずれにしても、もう一回、球のキレも含めてね、またしっかり調整してもらって、次の登板に備えてもらいたい。柳に関してはトータルしてずっと頑張ってくれているんで、また次期待しています」

 ―シューメーカーにバンテリンドームでは抑えられている。

 「そうですね。立ち上がりはそんなに良くなかったと思うんですよね。大島がヒット打って、あえて三好を打たせたんですけどね。あそこでまあつながらなかったのがね。その後、(郡司が)ゲッツーというね。そういうふうに乗せてしまったところもあるんで、自分の作戦も含めてね、そのへんはなかなかここでは点取れる投手じゃないんで、しっかり対策は練っていきたいなと思います」

 ―9回2死から4点差で根尾を投入した。

 「ピッチングコーチの方から2死から1人だけでもという(話があった)。まあ走者がいたら分からなかったんでしょうけどね。どんどん経験させていかないといけないんで。岡本選手もやりにくかったと思うんですけどね。ただこっちも戦力として計算していくんで、どんどん投げさせていきたいなと思います」

 ―球の伸びもあったし、ボールは変わってきたか。

 「どうですかね。ベンチで見ているのと打席では違うんで、岡本選手がどう感じたかは分からないんですけど、やっぱりちょっと手探りなところもあると思うんでね。ただ、それよりもストライクをポンと先行できるというのは彼の良いところでもあるし、まだまだ変化球の精度を上げていかないといけないし、たくさん課題はあると思うんですけど、極力、投げて、どんどん経験してもらいたいなと思っています」

 ―今後も打席がまわれば、立たせるケースも出てくるのか。

 「もちろん展開にもよりますけどね。そういう感じでやっていきたいと思っています。でもあくまでもピッチャーをしっかり重点にやっていきます」

 ―三好、郡司をスタメンに抜てき。

 「もちろんチャンスをあげたかったですし、岡林もここのところヒット出ていないですし、鵜飼も昨日2本打ったんですけど、まだまだ内容的な部分で言えば、2本打っているからいいではなくて、簡単に三振してしまうとか、そろそろ本気で考えていかないと、ずっと使っていく上で、2人もいつまでも2割2分や3分で出られると思われたら困るんで。まああの試合に出たい2人を使ってみたんですけど、結果は出なかったんですけど、どんどん色々頑張っている選手とか楽しみな選手はこれからも使っていこうと思っています」

 ―外野の2ポジションは流動的か。

 「そうですね。相手投手と状態を見ながら。鵜飼なんて練習見たらいつも状態良いですからね。試合と練習はちょっと分からないんですけど。まあでも、期待はしているんで、やっていきたいと思っています」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×