志摩ノ海と元タカラジェンヌ・福薗清香さんが結婚披露宴…福薗さんの父、故・先代井筒親方の誕生日に婚姻届提出

スポーツ報知
結婚披露宴を行い、記念撮影に応じる平幕・志摩ノ海(左)と福薗清香さん(カメラ・竹内夏紀)

 大相撲の平幕・志摩ノ海(木瀬)と故先代・井筒親方(元関脇・逆鉾)の長女・福薗清香さん(35)の結婚披露宴が19日、都内で行われた。清香さんの叔父にあたる錣山親方(元関脇・寺尾)ら約560人が出席した。

 同日には会見が行われ、志摩ノ海は緊張した面持ちで登場。それでも夫人の話題には、「本当に清香さんがきれいというか、みとれてしまいました。(好きなところ?)恥ずかしいんですけど、普段から気づかい、優しさがありまして。とても美しい方で、全て大好きです」と満面の笑顔を浮かべた。

 すでに新居生活をスタートしており、好きな手料理について問われると、「色々作っていただいているんですけど、おいしくて、毎日健康的な生活を過ごさせてもらえている。どれが一番とは決められないですね」と語った。

 婚姻届は2人で相談し、同親方の誕生日の6月18日に提出。清香さんは「このご縁も亡くなった父が結んでくれたものだと思っています。今日という日を生きていたら楽しみにしてくれていたと思います。昨日私たちは入籍したのですが、亡くなった父の誕生日でした。父の思いも受けて、皆様にいい姿を見せられるように、父も天国で見守ってくれているのではないかなと思います」と感慨深げに話した。

 心強い生涯の伴侶を得て、心身共に充実して臨む名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)に向け、志摩ノ海は「覚悟は重たいですし、責任は重大だと思います。僕は相撲を頑張るだけなので、本当に今年はしっかりいい成績を出して、周りから認めてもらえるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×