【広島】育成の持丸泰輝が支配下昇格「正捕手を目指して」 今季OP戦でDeNA・上茶谷から代打2ラン

スポーツ報知
持丸泰輝

 広島は18日、育成の持丸泰輝捕手を支配下登録したと発表した。20歳の持丸は、北海道・旭川大高から19年育成ドラフト1位で入団。今季はウエスタン34試合で打率2割3分、2本塁打、9打点の成績を残していた。背番号は「95」に決まった。

 育成3年目となった今季はキャンプ1軍メンバー入りすと、オープン戦終了まで1軍帯同。3月3日のオープン戦・DeNA戦(横浜)で上茶谷から代打2ランを放ち、同4日の西武戦(マツダ)では先発マスクで大瀬良とバッテリーも組むなど首脳陣の期待は大きかった。

 持丸泰輝「素直にうれしいです。キャンプ、オープン戦の期間で勉強させてもらい、その経験がここまでのモチベーションにつながりました。将来的には、正捕手を獲れる選手を目指してやっていきたいです。これからも応援よろしくお願いします」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×