【楽天】辛島航、2年ぶりがい旋登板、18日、福岡でソフトバンク戦に先発へ「先頭の長打を打たれないように」

スポーツ報知
アップをする辛島

 楽天・辛島航投手(31)が17日、2年ぶりのがい旋登板での好投を誓った。18日のソフトバンク戦に先発する左腕は敵地でキャッチボールや短距離ダッシュなどで最終調整。中継ぎで登板した20年7月11日以来の地元のマウンド。「福岡で応援してくれている人もいるので、そういう人たちが見ている中でいい投球ができれば」と力を込めた。

 昨季は左肘のクリーニング手術の影響で登板なしに終わるも、今季は5月25日の阪神戦(甲子園)で5回1失点で初勝利をマーク。「ちゃんとストライクゾーンで勝負できて、自分のいい形で投げられることが多かった」と、交流戦は3戦2勝、防御率0・54と安定感を示した。

 ペイペイDでは通算13試合で4勝7敗、防御率5・46と好相性とは言えないが、「とにかく先頭の長打を打たれないように気をつけている。二塁打とか、なるべくゴロを打たせて取るのが理想」とタカ打線を抑えるイメージを膨らませた。勢いそのまま自身の連勝を伸ばせるか。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×