東大阪北、鮮やかな集中打でベスト4入り!監督を胴上げするまであと2勝だ!!…第53回日本少年野球選手権大会大阪中央支部予選

スポーツ報知
勝利を飾り監督、コーチらと喜ぶ東大阪北ナイン

◆第53回日本少年野球選手権大会大阪中央支部予選 ◇中学生の部▽準々決勝 東大阪北ボーイズ6―2意岐部ボーイズ(12日・グレープヒルスポーツ公園野球場)

 大阪中央支部予選は準々決勝が12日行われ、投打ががっちりかみ合い快勝した東大阪北ボーイズがベスト4入りを決めた。

 東大阪北の鮮やかな集中打だった。1点リードの5回だ。起点となったのは、守備で再三の好プレーを見せていた久保だ。1死から「3人で終われないし、後ろにつなぐ気持ちだった」と左越え二塁打。続く吉村が「初回からしっかりバットが振れていた」とこの日3安打目となる右前打で、好機を拡大した。

 1死一、三塁となり、まずは福原が中前へ適時打。さらに藤谷が左越えへ2点二塁打を放った。「昨日打てなかったので、今日は絶対に4番の仕事をしようと思っていた」。意地の一打を放った主砲は、相手ミスで生還。この回、一気に4点を奪い試合を決めた。

 投げても先発・濱元は5回途中まで2失点(自責0)。「先頭を出したのはよくなかったが、何とか危機をしのげた」と言いながらも無安打投球で、福原にバトンタッチ。左腕も「無安打で抑えられてよかった」と無失点で切り抜けた。

 6回に適時打を放った森主将は「ここまで来たらもちろん優勝したい」と宣言。濱元も「監督を胴上げする!」と言い切った。その夢がかなえられるまで、あと2勝だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×