大阪八尾、打線が躍動し6回コールドで準決勝進出!!…第53回日本少年野球選手権大会大阪中央支部予選

スポーツ報知
コールド勝ちを決めて喜ぶ大阪八尾ナイン

◆第53回日本少年野球選手権大会大阪中央支部予選 ◇中学生の部▽準々決勝 大阪八尾ボーイズ9―2羽曳野ボーイズ=6回コールド=(12日・グレープヒルスポーツ公園野球場)

 大阪中央支部予選は準々決勝が12日行われ、打線が躍動した大阪八尾ボーイズが6回コールド勝ち。ベスト4入りを決めた。

 コールド勝ちに、大阪八尾ナインの笑顔がはじけた。6回2死三塁。決めたのは代打・藤本だ。「自分のスイングをして決めてやろうと思った」。迷いのない一打は右中間へ。直前に「少しでもチームに貢献したい」と2点三塁打を放っていた谷浦が、勝利を決める生還を果たした。

 打線は序盤から長打攻勢で主導権を握った。初回無死二塁から、高橋主将が先制のランニング2ラン。2回は2死二塁から、今井が「(初回の二塁打は)チームを勢いづけようと打ったが、ここは後ろにつなげる気持ちだった」と左中間へ適時打三塁打を放つなど3点を奪った。

 4点リードとなった4回には、谷浦が左前適時打を放った。捕手の攻守にわたる援護を得た先発・高橋は5回2失点と好投。6回に2番手で登板した坂部も3人でピシャリと抑え、その裏の攻撃につなげた。

 準決勝は、春季全国大会支部予選で敗れた東大阪北が相手。「目標は全国大会に出て優勝すること。ただ、一度負けているので、次は全力で勝ちにいく」と高橋。リベンジを果たし、夢の舞台へとつなげる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×