神戸・千布勇気新社長、夏の補強語る「限られた予算でチームの力になる選手を」C大阪退団の乾貴士は…?

スポーツ報知
神戸の千布勇気新社長は三宮センター街で26日浦和戦への来場を呼びかける優待チラシを配布した

 6月1日付けで神戸の社長に就任した千布(ちふ)勇気氏が16日、神戸・三宮センター街で、次回ホームゲームである26日浦和戦(ノエスタ)への来場を呼びかける優待チラシを配布した。

 この日は複数箇所で、社員約50名によるチケット販売会を実施。千布新社長も「苦境を乗り越えるには皆で一致団結しないといけない」と、通行人に積極的に声をかけるなどして汗を流した。

 チームはリーグ戦16試合を終え最下位と低迷。夏の補強について「限られた予算のなかで、チームにとって力となるような選手を検討している」と方針を示した。C大阪を退団し、現在は無所属の元日本代表MF乾貴士に関しては「検討しているなかに…どうでしょうね」と言葉少な。ロシアのウクライナ侵攻を受け、国際サッカー連盟(FIFA)の特例措置による移籍で加入している元同代表MF橋本拳人の契約期間が今月末で満了となることにも触れ「ロシアの情勢次第、あとは特例措置の状況次第で判断したい。選手としては間違いなく素晴らしい選手」と高く評価した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×