馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

最後の世代(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は久々に通常営業、栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。ガソリンスタンドを利用すると、店員さんから「タイヤに傷が入っていますよ」の声。話を聞くと、この部分もあの部分も次々と修理が必要というアドバイスが飛んできます。あまりに色々と言ってくるので、少し怪しさを感じたワタクシはそのスタンドを離れたんですが、妙に気になるので数日後、某タイヤ店に駆け込みました。すると、タイヤを2つは変えた方がいいとのこと。まっ、それぐらいならとタイヤ交換をお願いすると、再びアレやコレやとメンテナンスのお知らせの嵐です。結局、少しだけメンテナンスをして、その店を離れたんですが…。

 基本的に車に対しては無頓着&無知なもので、プロの方から「ここは換えた方がいいかも」と言われた場合、気になるし、ビビるし、耳を傾けます。しかし、次から次に言われると、どうしても猜疑心の方が勝ってしまうんですよね。これは車に限った話ではない。例えば洋服屋さんに行って、店員さんに声をかけられるのは、まだ大の苦手だし…。ということで、足元を整備したことで精神的な安定は得られましたが、痛い出費ではありました。

 ということで、そろそろ本題へ。今日は栗東からのナマ情報を中心にお伝えしましょう。

 まずは斉藤崇厩舎です。栗東に先週、入ってきましたよ。【オープンファイア(牡、父ディープインパクト、母ゴーマギーゴー)】です。恐らく、ラストクロップで6頭しか日本にいないディープインパクト産駒の中で、一番早く栗東に入ってきたんじゃないかな。斉藤崇調教師は春先にも「良くなってきそう」と口にしていたように、まだ成長途上といった印象。今日、栗東での印象を聞いたのですが、「まだ幼いですからね。今回はまずゲート試験の予定です」と切り出しつつも、「キャンター自体はいいキャンターをしますよ」とのこと。まずは土台をしっかりと固めつつ、ゲート合格という第一歩を目指していきます。

 斉藤崇厩舎ではゲート試験に合格していた【キールロワイヤル(牡、父ダイワメジャー、母ベルロワイヤル)】は栗東に戻ってきました。こちらは小倉の1週目か2週目の芝1200メートルを団野Jで予定しています。今日の栗東で追い切りを行い、坂路で54秒0―12秒9をマーク。「しまいは12秒台でまとめていましたし、思ったよりは動けたと思います。現状では1200メートルぐらいの条件が合っていると思います」と説明していました。また、小倉1週目の九州産限定戦には【コウユーオモイノセ(牡、父ケイムホーム、母パブロア)】もスタンバイしています。

 ここからは速報バージョンで情報を中心に。詳しい話は週末の更新分で触れます。まずは平田厩舎。何度か当ブログで取り上げてきた【ベストエフォート(牡、父ノヴェリスト、母フロレットアレー)】は来週の東京芝1800メートルに戸崎Jで出走します。あと、【ボーマルシェ(牡、父ドレフォン、母ラフォルジュルネ)】は来週の阪神芝1400メートルを藤田Jで出走するとのことです。

 続いては杉山佳厩舎。来週の阪神芝1400メートルに【エミサキホコレ(牡、父ドレフォン、母アルテミスハート)】が藤岡康Jでデビューします。母はエイシンフラッシュの妹になりますね。さらに7月2日の小倉ダート1000メートルにレッドアネモスの妹になる【ヴァルダリス(牝、父ヴィクトワールピサ、母マチカネハヤテ)】が永島Jで出走を予定しています。

 そして、来週は宝塚記念デーの芝1800メートルも徐々にメンバーがそろってきましたね。池添学厩舎の【ドゥラエレーデ(牡、父ドゥラメンテ、母マルケッサ)】=北村友Jに、岡田厩舎の【アンテロース(牡、父モーリス、母シャブリ)】=武豊J、松永幹厩舎の【カウピリ(牝、父Frosted、母Heavenly Romance)】=坂井Jも参戦。さらには中内田厩舎で母系にバラ一族を持つ【チャンスザローゼス(牡、父エピファネイア、母ヴィンテージローズ)】も川田Jで出走を予定しているとのことです。ちなみに血統は地味ですが、動きは悪くない【デルマソトガケ(牡、父マインドユアビスケッツ、母アムールポエジー)】=松若Jも気になる存在ではあります。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請