清野菜名、出産&事務所移籍後初の公の場 完成作鑑賞し「かっこよすぎて泣いちゃった」

スポーツ報知
出産後初めて公の場で笑顔をみせる清野菜名

 女優の清野菜名が14日、都内で映画「キングダム2 遥かなる大地へ」(7月15日、佐藤信介監督)の完成披露報告会に俳優・山﨑賢人、女優・橋本環奈ら共演陣と出席した。

 原泰久氏の漫画「キングダム」の実写映画第2弾。紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になる夢を抱く戦災孤児の信(山﨑)と、中華統一を目指す若き王(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く。前作の2019公開の第一作は、興行収入が57.3億円を突破し、その年の邦画実写作品で興収第1位を獲得した。

 金髪姿で登場した清野は、続編となる本作で、羌カイ役で初出演が決定した時の心境を「羌カイは、原作でもとても人気のあるキャラクター。出演のお話をいただいた時は、驚きと原作の羌カイを超えることができるのかプレッシャーがありました」と告白した。

 戦場で山﨑演じる信らと絆を深めていく役どころだけに「撮影前は緊張や不安もありましたが、撮影に入ってみると、みなさんの仲間入りができ、思い切って演じることができました。新しい風を吹かせられるように頑張りました」と充実の表情で語った。

 清野は、本作見どことの一つでもある、羌カイ特有の舞うような剣術をスクリーンで再現。イベントでは、共演陣から「人ってこんな動けるんだっけ」「人間業じゃない」と華麗なアクションに絶賛の声が相次いだ。

 清野は、恐縮しながら「戦場で生きるためにずっと戦ってきた」と語り、「私も映画をみさせていただきましたが、作品自体がかっこよすぎて最初の方から泣いちゃった。『こんな映画に出ているんだ』という驚きと、興奮が止まらなかったです。この映画に出られてよかった」ととびきりの笑顔を見せた。

 清野は、今年3月9日に夫で俳優・生田斗真との間の第1子を出産したと発表。性別や出産日は公表していない。また、5月14日には、11年間所属した芸能事務所「ステッカー」から「トップコート」に移籍したと発表。出産と事務所移籍を経て、この日が初の公の場となった。本作は、妊娠発表前の2020年から21年10月ごろに撮影していた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×