上田まりえ「悔しさのあまり涙が出そうに…」夫・竹内大助氏との「夫婦始球式」でノーバン投球ならず

スポーツ報知
竹内大助氏との「夫婦始球式」を無事終え、笑顔を満開にする上田まりえ(カメラ・横井恭夫)

 元日本テレビアナウンサーでタレントの上田まりえ(35)が13日、愛知・豊田市運動公園野球場で行われたソフトボール・JDリーグのトヨタ―日立戦で夫で元慶大野球部助監督の竹内大助氏(32)との「夫婦始球式」を行った。

 竹内氏が所属するトヨタの赤いユニホームを着て、笑顔でマウンドに上がった上田。捕手としてミットを構えた夫のミットに向けて、サウスポーの下手投げで投球。しかし、ボールはベース手前で2バウンド。竹内氏が優しくフレーミングして、ストライクゾーンにボールを戻し、見事、大役をやり遂げた。

 しかし、大の野球好きで知られる上田は「悔しさのあまり涙が出そうになりました」とノーバウンド投球とならなかったことに悔しげな表情。それでも、「夫の職場をはじめ、たくさんの豊田市民の方がスタンドから応援してくださって、まさに『ホーム』であることを実感しました。豊田市は私にとって帰る場所のひとつで、とても大好きな街です」と“地元愛”を口に。

 「『いい投球でしたね!』と試合終了後、選手やファンのみなさんが温かい言葉をかけてくださいました。試合もスタンドの応援も熱く、マンデーソフトボールを思いっきり楽しみました! 投球の悔しさも含めて、一生忘れることのできないファーストピッチセレモニーとなりました」と続けると、「転がったボールをストライクに見えるようにキャッチングしてくれた夫の優しさも感じました。本当に頼もしいパートナーです」と竹内氏を見てニッコリ。

 「スポーツ界を盛り上げるお手伝いができるよう、夫婦共々、それぞれの場所で、時に力を合わせてがんばります!」と言い切った。

 一方、竹内氏は「ノーバウンド投球ではありませんでしたが、無事ミットに収まってホッとしています」と笑顔で話すと、「チームスタッフ、選手、スタンドのみなさんにも温かく迎えてくださり、素敵な1日をいただきました。臨場感のある、かっこいいプレーはやっぱり現地で見た方が伝わってきます。是非またみんなで一緒に応援に行きたいです」と話していた。

 今回のファーストピッチセレモニーは今年発足したJDリーグ所属のトヨタがホームゲームを行うにあたり、YouTubeチャンネル「上原浩治の雑談魂」でアシスタントを務めるなどスポーツに造詣の深い上田を始球式に起用。夫の竹内氏も今年、慶大助監督の任期を終え、トヨタ自動車に帰任。現在、同社のスポーツ強化・地域貢献部スポーツプロモートグループに在籍。スポーツ関連の業務にあたっていることから非常に珍しい上田が投げ、竹内氏が受ける「夫婦始球式」が実現した。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×