マイナビ女子オープンで西山朋佳女王がV5 里見香奈女流四冠を退ける 初の「永世女王」資格獲得

スポーツ報知
女王を防衛した西山朋佳女王

 将棋の第15期マイナビ女子オープン五番勝負の第5局が13日、東京・渋谷の将棋会館で指され、後手の西山朋佳女王(26)=白玲=が先手の里見香奈女流四冠(30)=女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=を112手で破り、対戦成績3勝2敗で女王を防衛。V5を達成し、「永世女王」の資格を得た。同女流棋戦で永世称号の資格獲得したのは西山が初となった。

 対局後、西山は「5期すべての展開を思い返しても幸運なものが多かったので、まだまだ永世称号には力が足りないと思っております」と話した。

 里見は五番勝負について「負けた将棋はちょっと大事な所でミスが目立っていたので、そこが反省点」と振り返った。

 西山、里見による女流王位戦とマイナビ女子オープンの「十番勝負」は両者防衛という結果となった。

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×