田中希実、勝負飯はパンケーキ「食べた瞬間頬が緩んでリラックスできた」…世陸2種目内定の秘話明かす

スポーツ報知
女子5000メートル決勝 表彰式を終えて笑みを浮かべる田中希実(カメラ・石田 順平)

 オレゴン世界陸上(7月、米国)の代表選考会を兼ねた日本選手権の閉幕から一夜明けた13日、大阪市内で世陸に臨む日本代表選手らの会見が行われ、女子1500メートルと5000メートルでW内定した田中希実(豊田自動織機)が「自信を持って臨むことを完遂できるような、日本選手権を上回るような大会にしたいと思います」と意気込みを語った。

 田中は11日の1500メートル決勝が行われる朝、勝負飯にパンケーキを食べたことを明かした。「朝練習の感触も良くなくてイライラしていたので、甘い物がいいかなと思ってパンケーキを選びました。食べた瞬間は頬が緩んでリラックスできた。余裕を捻出するために一役買ってくれたかなと思います」。東京五輪8位入賞の本命種目で、しっかりと優勝して内定を勝ち取った。

 田中は12日も、2位だった女子800メートルのわずか75分後に行われた5000メートルで、日本記録保持者の広中璃梨佳(日本郵政グループ)も抑え、2年ぶり2度目の優勝を果たした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×