【マイファミリー】非通知の“声の主”は美人講談師だった!「お風呂が沸きました」の声優

声優で講談師の一龍斎貞弥さん。福井県無形民俗文化財の公式インスタグラム(@fukui_mukeiminzokubunkazai)より
声優で講談師の一龍斎貞弥さん。福井県無形民俗文化財の公式インスタグラム(@fukui_mukeiminzokubunkazai)より
声優で講談師の一龍斎貞弥さん。福井県無形民俗文化財の公式インスタグラム(@fukui_mukeiminzokubunkazai)より
声優で講談師の一龍斎貞弥さん。福井県無形民俗文化財の公式インスタグラム(@fukui_mukeiminzokubunkazai)より

 嵐の二宮和也が主演するTBS系日曜劇場「マイファミリー」(日曜・午後9時)の最終話が12日に放送された。真犯人の判明でネットが盛り上がる中、あの機械音声の“主”も明らかになった。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)

 同ドラマは、仕事もプライベートも順調で何もかも手に入れたはずの主人公で「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社長・鳴沢温人(はると、二宮)と妻・未知留(多部未華子)の娘・友果(大島美優)が誘拐された事件をきっかけに直面する数々の試練、友人の弁護士・三輪碧(賀来賢人)、元刑事・東堂樹生(濱田岳)らとの人間模様が描かれていくノンストップファミリーエンターテインメント。脚本は「グランメゾン東京」(2019年)、「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(21年)などで知られる黒岩勉氏のオリジナル。

 一度聞いたら忘れられない不気味な“声”。誘拐事件をめぐる犯人とのやり取りは毎回電話で行われ、まるで文字を読み上げているような電子音だった。しかし実際は、美人講談師の声による収録であることが同日に分かった。

 最終回放送後に「マイファミリー」の公式ツイッターが更新され、「電話先の犯人の声に聞き覚えはありませんでしたか…?なんと『お風呂が沸きました』のあの声の一龍斎貞弥(いちりゅうさい・ていや)さんの声だったんです!」と明かされた。

 一龍斎貞弥さんは「お風呂が沸きました」の声で知られる声優で、テレビやCMのナレーションで活躍。また講談師の一面も持っており、今年3月には福井で行われた「福井の無形民俗文化まつり2022春」にゲストとして出演。その公式インスタグラムでは、着物姿でニッコリと笑う姿や、舞台で講談を披露する写真もアップされた。

 自身のツイッターでは、この日初めて「マイファミリー」の声の主を担当していることを明かし、「二宮和也さんはじめキャスト、スタッフ精鋭揃いのTBS日曜劇場『マイファミリー』の作品の一部を担当させていただくことができて大変光栄でした。機械の声を演じるのはとても愉しい時間でございました!」と感想をつづった。

 もう一人の“真犯人”の判明に、視聴者もビックリ。「お美しい声で恐ろしいセリフをありがとうございました」「影の主役!」「面白カッタカドウカハ、私ガ決メルコトデスガ…トテモ面白カッタデスヨ!オ疲レ様デシタ」などの声が寄せられた。

声優で講談師の一龍斎貞弥さん。福井県無形民俗文化財の公式インスタグラム(@fukui_mukeiminzokubunkazai)より
声優で講談師の一龍斎貞弥さん。福井県無形民俗文化財の公式インスタグラム(@fukui_mukeiminzokubunkazai)より
すべての写真を見る 2枚

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×