泉谷駿介 男子110メートル障害V 悪条件でも「100メートル9秒台相当」好記録

スポーツ報知
男子110メートル障害決勝で優勝した泉谷駿介(中央)(カメラ・石田 順平)

◆陸上 日本選手権 最終日(12日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 男子110メートル障害決勝で、日本記録保持者の泉谷駿介(22)=住友電工=が13秒21(向かい風1・2メートル)で2連覇し、世陸内定をつかんだ。序盤から鋭く抜け出し、勢いに乗って独走した。今季序盤の左足首捻挫から完全復活。「うれしいし、安心した。不安はあったけど、どんなにけがをしても怖がらずにいけるのが自分の良いところ」と胸を張った。

 13秒21には価値がある。種目ごとの記録を得点化して比較する「スコアリングテーブル」で1214点。100メートルに置き換えると、9秒97~98相当の好記録を、不利な向かい風条件で出したことになる。指導する山崎一彦・日本陸連強化委員長も「世界選手権では決勝で順位を出すところまで、明確に視野に入っていることが今大会で確認できた」と目を細めた。東京五輪は準決勝敗退。22歳は「(世陸へ)もう一段階、二段階、キレや出力を上げたい」と向上心は尽きない。(細野 友司)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×