田中希実 驚異のスパートで女子5000メートルV 800メートル2位から75分後の激走

スポーツ報知
女子5000メートルのレースを終え、抱き合う1位の田中希実(手前)と2位の広中璃梨佳(カメラ・石田 順平)

◆陸上 日本選手権 最終日(12日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 女子5000メートル決勝で田中希実(22)=豊田自動織機=が15分5秒61で2年ぶり2度目の優勝を果たし、東京五輪で8位入賞の1500メートルに続き、世界選手権(7月、米オレゴン州)の代表に内定した。2位に入った800メートル決勝からわずか75分後の種目で、日本記録保持者の広中璃梨佳(21)=日本郵政グループ=を圧倒する驚異のスパートを見せた。広中も2位で代表に内定した。

 ラスト1周を迎えると、田中のスピードが一段と上がった。序盤スローペースの中、1人、また1人と先頭集団から脱落者が出る展開。「後ろから彼女の絶対的な自信を感じた」と、トップを走る広中にピタリとついていた田中は最終周、勝負に出た。「広中選手も自信を持って走っている。私も自信を持ってぶつかっていかないと申し訳ない」。昨年女王を一気にかわすと、あっという間に差を広げてフィニッシュした。

 昨年3位だった5000メートルで、2年ぶり2度目の王座奪還。「自分が今できることを出し切れた。去年を上回る結果が出せた。去年以上の力の確認ができて良かった」。自身の進化を、確実に感じ取った。

 大会初日の9日に1500メートル予選を走り、10日の決勝で3連覇。11日に800メートル予選をトップ通過し、この日の決勝で2位に入った。それから、わずか75分後の快走。昨年は45分後だったことを振り返り「逆に緊張してしまう。考える時間もない方が良かったかも」とプラスの30分は、実は不安材料だった。それでも「もうちょっと長かったら緊張し始めてしまった」とギリギリセーフ。「体の回復も去年よりできてスタートしたから、レースも良いものになった」と過密スケジュールを、しっかりこなした。

 昨夏の東京五輪と同じ2種目で世界への切符をつかんだ。五輪では5000メートル予選敗退だったが、世陸に向け「どちらも決勝にしっかり立つ。両方で戦うぞという手応えを得られた」と成長を実感。現状、アフリカ勢の壁は厚いが「世界で戦う選手は日々高い集中力を持って過ごしている。それくらいの覚悟が必要な時期になっている」。さらなる高みを目指し、再び世界の舞台を駆け抜ける。(手島 莉子)

 ◆田中 希実(たなか・のぞみ)1999年9月4日、兵庫・小野市生まれ。22歳。小野南中3年で全中1500メートル優勝。西脇工で全国高校総体3年連続入賞。18年に同大に進学し、同年U20世界選手権3000メートルで日本人初優勝。19年ドーハ世界陸上5000メートル14位。昨夏の東京五輪で1500メートル8位で日本人初入賞。自己記録は1500メートル3分59秒19(日本記録)、5000メートルは14分59秒93。家族は両親と妹。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×