【高校野球】東北が青森山田に3―1で勝利し決勝進出…13日の決勝は聖光学院と対戦

スポーツ報知
2回に先制打を放ち、ガッツポーズを見せた東北のハッブス

◆春季東北地区高校野球大会準決勝 東北3―1青森山田(12日、福島・県営あづま球場)

 県営あづま球場で準決勝の第2試合が行われ、東北(宮城)が青森山田(青森)に3―1で勝利。準優勝だった18年大会以来となる決勝進出を決めた。16年大会以来となる優勝をかけ、13日の決勝は聖光学院(福島)と対戦する。

 東北は2回2死一、三塁の場面でハッブス大起(2年)が左前へ適時打を放ち、先制。3回にも2点を加えると、直後の守備で1点を返されたが、逃げ切った。5回途中から登板した伊藤千浩投手は9回、三者連続三振に封じるなど、安定した投球を披露した。

 雨天の影響で第1試合の開始時間が遅れたため、第2試合が始まったのは午後5時51分。試合終了は午後8時28分だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×