大谷翔平「3番・DH」、トラウト2番で復帰ベストオーダー戻った…相手先発は6連勝中35歳右腕カラスコ

スポーツ報知
大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ エンゼルス―メッツ(11日・アナハイム=エンゼル・スタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手が11日(日本時間12日午前11時7分)、本拠でのメッツ戦に「3番・DH」で名を連ねた。

 9日のレッドソックス戦は、チームが球団ワースト14連敗中の苦しい状況の中、投げては7回4安打1失点、6奪三振の好投で4勝目(4敗)。打っても1点を追う5回に10試合ぶりとなる逆転の12号2ランを左中間に叩き込む大活躍をしたものの、10日のメッツ戦は4打数1安打。チームも細かい投手リレーに3―7で完敗した。

 メッツの先発は35歳のベテラン右腕カラスコ。2017年に18勝挙げ最多勝となったが、最近3年間は自らの白血病もあってか低迷していた。しかし、今季は6連勝でリーグ最多の7勝をマーク。平均151キロの直球は平凡ながらチェンジアップ、スライダーのキレが戻ってきた。ちなみに最近45回2/3で被本塁打はわずか1本に抑え込んでいる。

 左股関節の張りを訴えているトラウトは4試合ぶりに「2番」で復帰。夫人の出産で戦列を離れていたレンヒーホも復帰。現在考えられるベストオーダーになった。

エンゼルスのスタメンは以下の通り。

【エンゼルス】(後攻)

1(左)マーシュ

2(中)トラウト

3(指)大谷

4(三)レンドン

5(一)ウォルシュ

6(右)リガレス

7(捕)スタッシ

8(二)レンヒーホ

9(遊)ベラスケス

投手 ロレンゼン(右投)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×