【日本ハム】鈴木健矢、新庄ビッグボス提案の“幻惑投法”で1回無安打無失点

スポーツ報知
鈴木健矢

◆日本生命セ・パ交流戦2022 日本ハム10―0中日(11日・札幌ドーム)

 日本ハム・鈴木健矢投手が4番手で登板し、新庄ビッグボスが提案した“幻惑投法”で1回無安打無失点に抑えた。

 春季キャンプ中に横手投げから下手投げに転向した右腕。10―0の9回にマウンドに上がると、先頭・溝脇へ1ボール2ストライクから横手投げの直球で空振り三振。続く代打・高松には下手投げで空振り三振に斬った。福田には初球を横手投げで入ると、5球目のスライダーもサイドで左飛に封じた。

 ビッグボスは試合後、「すごくないですか?鈴木君。今日(試合開始)30分前に言ったんですよ。下から投げて、上(横)から投げなさいって」と説明。続けて「クイックで147、ゆっくり目の(下から)130何キロをさせていけば、彼がプロ野球でユニホームを着られる時間が長くなるんじゃないかなというアドバイス。あとはもう本人がね。練習してつかむだけであって。今日はこういう場面で楽に放れたと思うんだけど、これが1―0とかの場面で抑える精神面をこれから同時進行で鍛えていけたら。やっぱりああいう投手少ないからね」とうなずいた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×