【動画】巨人3軍戦レポ! ダニエル・ミサキが150キロ連発! スラもえぐすぎました【ファーム報知】

スポーツ報知

 巨人の3軍戦で、150キロを連発する「秘密兵器」を発見しました! 日本生まれのブラジル育ち。米大リーグのマイナー、BCリーグ栃木を経て昨年8月にジャイアンツと育成契約を結んだという、異色の経歴を持つダニエル・ミサキ投手です。

 5月31日の巨人3軍対ハナマウイ戦(G球場)で4回に3番手で登板。最速151キロの直球と、キレ味鋭いスライダーを武器に3回を3安打1失点にまとめました。6奪三振を奪った力投に、チャンネルMCの水井デスクも「真っすぐも速いし、スライダーも横に滑ってえぐい曲がりをしています」と驚嘆しました。

 今季は3軍で7試合に登板して2勝0敗、防御率3・48(6月9日現在)。高いポテンシャルは魅力十分ですが、ジャイアンツは外国人選手の枠争いが厳しく、26歳ながら育成契約に甘んじているのが現状です。ただ、史上最年少の16歳で母国ブラジル代表としてWBCを戦い、マイナーながら米大リーグも経験してきた苦労人は、ジャパニーズドリームをつかもうとファームで必死に投げ続けています。「東京ドームで活躍する姿が見たいですね」と水井デスク。奮闘する154キロ右腕の実際の実戦登板を、ぜひ動画でご覧ください。チャンネル登録もよろしくお願いします。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年