NHK大河「鎌倉殿の13人」西田法皇退場もロスの声は少数…頼朝激似の大泉洋に驚き! 第23回見どころ

北条館で曽我兄弟のたくらみを北条時政(坂東彌十郎=左)に伝える北条義時(小栗旬)
北条館で曽我兄弟のたくらみを北条時政(坂東彌十郎=左)に伝える北条義時(小栗旬)

 俳優の小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第23回「狩りと獲物」(12日放送)では、歴史的に有名な「曽我兄弟の仇討ち」が描かれる。

 源頼朝(大泉洋)は嫡男・万寿(後の頼家、金子大地)のお披露目の場として、富士の裾野で大がかりな狩猟「巻狩り」の開催を決定。その場で曽我十郎(田邊和也)と五郎(田中俊介)の兄弟が、父親の敵・工藤祐経(坪倉由幸)の命を狙う。

 曽我兄弟も工藤も合戦で名を残すような武将ではない。それでも「―仇討ち」は「赤穂事件」「伊賀越えの仇討ち」と並ぶ日本三大仇討ちの一つに数えられ、映画やドラマなどで何度も登場している人気のストーリーだ。

 気がかりなのは、兄弟が元服する際に仮親として烏帽子(えぼし)をかぶせたのは北条時政(坂東彌十郎)だということ。頼朝の側近となった義時にとって決して他人事ではない。今や外部に敵がいなくなった頼朝。今後はこうした内紛がメインになってくる。

 前週の第22回「義時の生きる道」(5日放送)では、頼朝が後白河法皇(西田敏行)と対面した。これまで何度も夢枕に登場し、エアビンタまで見舞って激励してくれた法皇とのやり取り。頼朝が「戦のない世」を宣言するのに対し、法皇は「薄っぺらいことを申すのう。誰より業が深いくせに」と嫌みで返した。緊張感を漂わせる一方で、SNSでは大泉洋の外見が話題になった。束帯姿で目を細める姿が、一般的に知られる頼朝の肖像画と酷似。「大泉洋が頼朝にそっくりになってきた…」「かなり雰囲気似てる」と笑いの声が起こった。

 法皇は直後に死去。源義経(菅田将暉)、八重姫(新垣結衣)と毎週のように大物キャストが退場していく。不完全燃焼で亡くなった面々と違い大往生だからなのか、なぜかSNSでもロスの声は少数。いずれにせよドラマが後半に入ったことを実感させられる。

 一方、頼朝への権力集中を恐れていた法皇が亡くなったことで、頼朝は念願の征夷大将軍に任命された。妻・政子(小池栄子)と一緒に大喜び。「わしは日本の武士の頂。お前はその妻じゃ! 政子! 呼んでくれ」「征夷大将ぐ~ん!」と跳びはねてはしゃぐ。裏切り、謀殺、惨殺が相次ぐ今作の中で久しぶりの明るいシーンとなった。

 第22回の平均世帯視聴率は12・9%。前回より微減したものの、テレビ朝日系「ポツンと一軒家」と並んで時間帯トップに立った。テレビの視聴方法が変わってきている近年。リアルタイムでの視聴率の高低に大きな意味はないかもしれないが、やはり番組関係者にとっては「現場の士気も変わってきます」という目安の一つ。大規模な合戦が減る今後は、人物の複雑な心情の移り変わりが見どころになる。三谷幸喜氏の描く人間関係のドロドロに期待したい。

(NHK担当・浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請