中百舌鳥、鮮やかな先制攻撃で勝利!選手権大会予選に弾み!!…第44回浜寺大会

スポーツ報知
浜寺大会を制し表彰される中百舌鳥ナイン

◆第44回浜寺大会 ◇中学生の部▽決勝 中百舌鳥ボーイズ8―2大阪箕面ボーイズ(5日・くら寿司スタジアム堺)

 「第44回浜寺大会」も同日決勝が行われ、中百舌鳥ボーイズがV。11日から始まる選手権大会大阪阪南支部予選へ弾みをつけた。

 中百舌鳥打線が、火を噴いたのは2回だ。2死から好機を拡大し、一、二塁から馬野主将が中前へ先制打。和田が適時打で続くと、村田も「ストライクは全部、振っていこうという気持ちでいった」と左前へタイムリー。一気に5得点と鮮やかな先制攻撃となった。

 4回には金本が、左中間へ2点二塁打を放つなど3点を追加した。その5番打者は、5回途中からリリーフで登板し反撃を阻止するなど、投打で優勝に貢献し「(適時打は)流れをもってこられた。みんなのおかげで投球も楽でした」と笑った。

 浜寺大会は5年ぶり2度目の優勝。それも大阪北支部の強豪相手に快勝してのもので、ナインは自信を深めた様子。選手権大会予選がすぐに始まるが「チーム的にめちゃくちゃいい流れ。(支部では)中百舌鳥が一番、強いと思います!」と馬野。勢いに乗り、まずは全国切符をつかみ取る。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×