冨田洋之さん「金アテネ最終演技今でも誇り」スポーツ報知150周年メッセージ

スポーツ報知
2004年8月18日付「スポーツ報知」

 スポーツ報知は10日に創刊150周年を迎える。紙面を彩ってきたスポーツ界のスターから、次の時代に歩むスポーツ報知にメッセージが寄せられた。

 ◆体操・冨田洋之(41)

 国内ならびに国際大会での数々の報道、感謝申し上げます。2004年アテネ五輪体操男子団体金メダル獲得の瞬間を、多くの皆さまに報道していただいたことにより、記憶に残る五輪のシーンとなっているのだと思います。最終演技者として演技できたことは今でも誇りに思っております。昨年、御社の東京2020五輪企画紙面でアテネの実況をされた刈屋富士雄さん(元NHKアナウンサー)との対談では当時を振り返ることができました。後進の育成においても、スポーツ報道の皆さまとの関係を大切に、競技者がのびのびと演技できる環境をつくっていきたいと思います。今後とも、スポーツを通して多くの競技者の存在を伝えていただけますよう、お願い申し上げますとともに、御社の今後の発展、繁栄をお祈り申し上げます。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×