【巨人】わずか1安打で完封負け シューメーカー粘投も報われず

スポーツ報知
4回、先制を許し肩を落としベンチに戻るシューメーカー(カメラ・中島 傑)

◆日本生命セ・パ交流戦2022 西武3―0巨人(8日・ベルーナドーム)

 巨人の先発は新外国人投手のシューメーカー。前回、5月28日の日本ハム戦(札幌ドーム)では6回3失点の好投で2勝目を手にした。一度登録を抹消され、中10日で迎えたマウンド。序盤から走者を出しながらも要所で低めへの変化球がさえ、西武打線を抑えていった。

 しかし4回、1死から栗山、愛斗の連続安打で一、二塁とされ、オグレディの左前適時打で1点。なお二、三塁から外崎にスクイズを決められると、なお2死一、三塁からダブルスチールで3点目を失った。

 援護したい打線だが、西武先発のアンダースロー与座に6回までパーフェクトに抑えられる。ようやく7回、先頭の吉川が中前安打で出塁したものの後続が抑えられて無得点に終わった。

 8回以降も西武の救援陣に抑えられ完敗。3連敗で、このカードの負け越しも決まった。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年