フェンシング、アジア選手権の代表選手を発表…金メダル期待の女子フルーレ団体は東、宮脇ら

 日本フェンシング協会は8日、アジア選手権(ソウル)に臨む日本代表選手を発表した。

 金メダルが期待される女子フルーレ団体には、東京五輪代表の東晟良(せら、PEAKS)、W杯ドイツ大会(4~5月)で個人、団体銅メダルの宮脇花綸らが名を連ねた。男子フルーレでは、敷根崇裕(NEXUS)、西藤俊哉(セプテーニ・ホールディングス)、松山恭助(JTB)ら実力者に加え、若手有望株の飯村一輝(慶大)の躍進に期待がかかる。

 東京五輪金メダルの男子エペ団体は、見延和靖(NEXUS)、加納虹輝(JAL)、山田優(山一商事)らが選出された。女子サーブルでは、今季W杯日本勢初優勝を飾った江村美咲(立飛ホールディングス)が頂点を目指す。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請