FW前田大然、ブラジル代表GKアリソンの判断力に脱帽「足に当ててゴールに入ると…」

スポーツ報知
前田大然

 日本代表FW前田大然が8日、ブラジル戦(6日・国立)を「ボールに関わらせてくれなかったことが一番。スピードの部分を生かす、その前でシャットアウトされた。試合もすごく早く終わった感覚」と振り返った。後半22分からFW古橋に代わって出場したが、チャンスにほとんど絡むことができなかったことを悔やんだ。

 後半44分には、自慢の快足でブラジル代表GKアリソンにプレッシャーをかけ、クリアを選択させてパスをつながせなかった。しかしその場面も「足に当ててゴールに入るというのを想像していたので。それができなかったのはあっち(アリソン)のうまさですし、そういった意味でも上なのかな、とあの一つのプレーでも感じました」。GKまでプレッシャーをかけて奪い取るのは、Jリーグ時代から前田の得意なプレーの一つ。それを寸前で回避したアリソンの判断力に、レベルの差をかぎ取っていた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×