中村勘九郎、朗読劇で8歳男児と女児の2役「稽古を進めていくうちに作品がどんどん進化」

朗読劇の公開稽古を行った中村勘九郎
朗読劇の公開稽古を行った中村勘九郎

 歌舞伎俳優の中村勘九郎が7日、東京・池袋の東京建物BrilliaHALLで朗読劇「バイオーム」(8~12日、脚本・上田久美子、演出・一色隆司)の公開稽古を行った。

 8歳の男の子と女の子という2役を演じる勘九郎は「稽古を進めていくうちに作品がどんどん進化していき、ついていくのが大変でした(笑い)。今でも難しく感じておりますが、短い期間で充実した稽古でした」。11日午後5時の回をライブ配信する予定で「映像ならではの美しさをおうちでも楽しんでいただけること間違いなしです」と話している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請