【日本ハム】新庄剛志監督が「清宮・野村・万波」のクリーンアップ解体を宣言 「さらにいいポジションを探す段階」4番は松本剛

スポーツ報知
万波中正(右)に指導する新庄剛志監督(カメラ・池内 雅彦)

◆日本生命セ・パ交流戦2022 日本ハム―DeNA(7日・札幌ドーム)

 日本ハムの新庄剛志監督が、3番清宮、4番野村、5番万波で固まりつつあったクリーンアップの解体を宣言した。

 ビッグボスは「あの3、4、5番で固めて何十試合かしましたよね。いい感じでもう頭に入ったから、もう1回違う打順でいってみて、さらにいいポジションを探す段階にちょっと移ってみようかな。レイ(ヌニエス)も帰ってきたしね」と明かした。

 この日の先発・加藤は好投を続けながら6試合勝ち星なし。指揮官は「爆発、つなぎじゃなくて。加藤君だから、守りじゃなく今度は逆にいってみようと。勝ててないから」と打線爆発に期待した。

 スタメンは以下の通り。

1(三)野村

2(指)ヌニエス

3(右)万波

4(中)松本剛

5(遊)上川畑

6(一)清宮

7(二)谷内

8(捕)宇佐見

9(左)今川

P   加藤

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×