【高校野球】吉原工、ぽっちゃり主砲・大室ラファエルが不動の4番…静岡県全チーム紹介「甲子園へ夏きゅん」

スポーツ報知
学校史上最高の県4強を目指す吉原工ナイン

 吉原工の“ぽっちゃり”主砲が、同校最高タイの4強へ導く。大室ラファエル一塁手(3年)は、165センチ、85キロの体格から力強い打球を放つ不動の4番だ。西武の山川穂高(30)に憧れる男は「ここ一番でチームを助ける打撃をしたい」と宣言した。

 最後の夏を前に、仕上がった。入学時の体重は98キロで「守備の時に重さを感じていた」。理科の教員である今井彰人監督(30)から助言を受け、タンパク質中心の食事で今春までに13キロの減量に成功。一塁手として軽快な動きが可能になっただけでなく「脇の肉がなくなって、スイングの幅も広がりました」と、ボールを下からすくい上げる“カチ上げ打法”も手に入れた。

 部員の満場一致で主将に選出された大室に、今井監督は「めったに怒ることはないが、声と姿勢で引っ張ってくれる。成績も優秀な模範生です」と絶大な信頼を寄せる。4強を目標に掲げる大室は「一戦必勝で戦います」。気は優しくて力持ちが、吉原工の先頭に立つ。(内田 拓希)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×