きょう150周年「スポーツ報知」紙面が変わる! 大相撲の大型企画など両国移転で内容パワーUP! 11日付「サタデーストーリー」に明石家さんま登場

スポーツ報知
報知新聞東京本社新社屋(左)

 スポーツ報知は、1872年(明治5年)6月10日に「郵便報知新聞」として創刊以来、150周年を迎えます。この度、東京本社を“創業の地”両国に移し、新たな一歩を踏み出すにあたり、紙面内容を大幅に刷新します。

 巨人を中心とした野球面では試合の明暗やワンプレーを深く掘り下げた評論に加え、采配の真意、プレーの裏側が分かる番記者コラムもブラッシュアップします。また、レギュラーを目指す若手の奮闘を特大写真で伝える「photoGraph」は14日付から隔週で掲載します。

 両国移転を機に大相撲の大型企画を用意します。7月の名古屋場所に向けて、横綱審議委員会委員の女優・紺野美沙子ら各界の著名人が魅力を語るインタビューを掲載。本場所中は過去の名場面を連載で掘り下げます。

 社会面では毎週月~金曜付でパズルを掲載(初回は14日)します。各界のトップランナーが本音を語る芸能面の大好評インタビュー企画「サタデーストーリー」は、ますますパワーアップ。11日付は明石家さんまが登場します。

 新聞の「顔」である1面のレイアウトも生まれ変わります。写真が持つ迫力を最大限生かしたデザインと的確な見出しで感動を再現します。ご期待ください。 報知新聞社

お知らせ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×