マツコ、パンを落とした子どもへの対応で日本特有の優しさに私見「殺伐としていくだろうなという気がする」

スポーツ報知
マツコ・デラックス

 タレント・マツコ・デラックスが6日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・午後5時)に出演。日本社会特有の「優しさ」の今後について私見を述べた。

 この日の番組では、1人でパン屋に来て複数のパンを床に落としてしまった小学校1、2年と見られる子どものエピソードを紹介。その子は落ちたパンを拾い集めてレジに持っていき、精算。悲しそうに帰る子どもに対し、店員は声もかけずに淡々と精算したとし、客が自己責任として買い取るべきなのか、店側が代金は取らずに交換してあげるのがいいのか、どちらが正しいのかが議論になっているという記事を紹介した。

 この件について聞かれたマツコは「時代もあると思うんだよね。殺伐としていくだろうなという気がする、今後」とまずポツリ。「もし、無償で交換するんだったら、(客が)大人でもそうしてあげるべきだよね。落としてしまった場合は。それが社会のルールなんだったらいいけど、子どもやお年寄りとかは交換するけれども、あたしらが落としたら交換してくれないってなってくると、それが差別って言われてしまう時代になっていくのかな」と続けたマツコ。

 「今まではいい加減だったじゃん? 日本人って。おおらかっていうか。子どもがそれをやったら、やってあげるのが当然だったし。多分、あたしが店員さんだったとしても(無償で交換を)やっちゃうと思うし、お子さんやお年寄りがそうしたとしたら。でも、それが子どもさんやお年寄りだからいいよねって感じじゃなくなってきちゃうのかなって」と話すと、「それもある意味、区別という名の差別じゃん。平等という意味でさ」と続けた。

 「今、経済的な成長も終わった国でさ。あんまり、それをやっちゃうと変なのも出てくるだろうし。そんなこと言わなきゃいけない状況になっているのは悲しいことだけど、なんか、優しさだけで済まされるのかな、今後っていう嫌な感じはするわよね」と話したマツコ。

 最後には「日本のいいところというのが、どういうものがベースにあった上で成り立ってきたのかということよ。今までのみんなが貧しかった時代とか右肩上がりでどんどん経済が成長していくんだって時代は心が豊かだったんだろうけど、これから同じ事が、それでもやれるかな? 日本人はっていうことよ」と結論づけていた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×