【池添謙一のKen to 1】ソングラインの力を出し切ってあげたい ~安田記念

スポーツ報知
池添謙一騎手はソングラインの追い切りで好感触をつかんだ

 東京の5週連続G1は今日(6月5日)がラスト。安田記念はソングラインに騎乗します。当初からこの春はサウジアラビア遠征、ヴィクトリアマイルと合わせて3戦の予定。中2週と間隔は詰まりますが、急きょの参戦ではありません。どういう感じに仕上がっているかを確かめるため、今週水曜(6月1日)は美浦トレセンで最終追い切りにまたがりました。

 陣営がしっかりケアしてくれたおかげで、体調は高いレベルで維持できていました。直線で軽く促すと素早く反応。全く無理をしていないのに、併走馬を一瞬で抜き去ってくれました。この中間も内容の濃いメニューを順調に消化。何ひとつ不安のない状態で臨めます。

 前走のヴィクトリアマイルはスムーズさを優先した結果、ポジションが悪くなり、3角ではつまずいてリズムを崩す場面があっての5着。うまく乗れず、悔しいレースになりました。今回こそ彼女の手助けができるように、そして、林(徹)先生への恩返しになるような結果に導かなければいけません。同じ府中のマイルで、NHKマイルC2着、富士S1着と牡馬相手に成績を残している馬。自分が力を出し切ってあげられるか、それだけだと思います。

    (JRA騎手)

▼池添謙一騎手・6月5日の騎乗馬

【東京】

2R  マディソンテソーロ C

9R  ピュアブレンド   B

10R アーデンフォレスト C

11R ソングライン    A

     (本紙評価)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×