【女子野球】高校選手権は史上最多の49チームが参加、甲子園決勝は8・2開催

スポーツ報知
甲子園で初開催された昨年大会の決勝を制した神戸弘陵ナイン

 全日本女子野球連盟は3日、今夏に行われる「第26回全国高等学校女子硬式野球選手権」の組み合わせ抽選を開催地の兵庫県丹波市で行った。今大会は史上最多の49チーム(47校と2つの連合チーム)が参加して7月22日に開幕、昨年より甲子園で行われている決勝は8月2日となる。

 出場5校で1997年に始まった同大会は、相次ぐ女子硬式野球部の創部で19年の32チーム、21年の40チーム(20年はコロナ禍のため中止)から大幅に増えた。開催地は準決勝まで例年同様、丹波市の2球場で開催される。3月に行われた選抜大会の8強がシード校に入ったため序盤は強豪校同士が当たることはないが、昨年甲子園で戦った神戸弘陵(兵庫)と高知中央(高知)が3回戦で対戦する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×