開幕です(栗東)

スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日も栗東に残ってのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。ホントにどーでもいいことなんですが、足の爪を切りすぎて、深爪で激痛が走っているとツイッターで書いたところ、深爪を舐めてはいけません、という指摘が多くいただきましてですね。まぁ、当然やりたくてやったワケではなく、体が硬くなったせいか、小指や薬指に手が届きづらくなっている。

 実は生まれた頃から薬指が少し変な形なんですよ、言葉にするのは難しいんだけど。爪も巻き込むようになっているため(これも伝わりづらくてすいません)、爪と皮膚の間に爪切りを入れるのが、なかなか難儀なのです。で、たまに切り過ぎてしまったりするんですよね、かなり昔から。それを今回、結構やり過ぎてしまったワケです。まぁ、久々に数日間、絆創膏で患部をカバーしながら、随分と痛みも緩和。ただ、これから足の爪切りに対して、妙な恐怖を感じるかもしれません。

 ということで、本当にどーでもいいことですいません。そろそろ本題へ。今日は明日の競馬からお伝えしたいと思います。

 いよいよ2歳戦が開幕します。明日の中京5Rは芝マイルでの一戦。斉藤崇厩舎の【リアリーホット(牝、父ロードカナロア、母ホットチャチャ)】はエタリオウの半妹で、セレクトセールで1億6000万円がつきました。中間は川田Jが3週連続で調教をつけているあたりに、厩舎サイドの意欲を感じます。トレーナーはまだ幼さを感じつつ、「フットワークがいいし、走ってきそうな雰囲気がある」と評価。態勢は整っている感じです。

 そして、何度も書いている池江厩舎の【ダイヤモンドハンズ(牡、父サトノダイヤモンド、母メチャコルタ)】。こちらは池江調教師を始めとした厩舎サイド、さらに福永Jも含めて、マイルへの対応がカギという見立てですが、皆さんが素質を感じています。「しっかりやっているし、マイルが忙しい気はするけど、バランスのいい馬。新馬勝ちできるレベルの馬だと思います」と福永Jは話していましたよ。

 その福永Jは金曜朝の栗東にもやって来て、西村厩舎の【セレスティアリティ(牝、父バゴ、母アドマイヤテンバ)】の1週前追い切りに騎乗していました。「もうちょっと距離があっても良さそうなタイプ。まずまずかな」と口にしつつ、感触は悪くありませんでした。西村厩舎はすでに6頭のデビュー予定をお知らせしましたが、他にも近親にカンパニーなどがいる【クロニオス(牡、父ヘニーヒューズ、母オーシャンビーナス)】が6月19日の阪神ダート1200メートルを岩田望Jで予定。翌週の阪神芝1400メートルには半兄に現オープンのメイショウチタンを持つ【セミマル(牡、父アメリカンペイトリオット、母ラルティスタ)】がデビューを予定しています。

 これで西村厩舎は6月に8頭デビューとなりますが、明日の中京芝マイルにも【スズカダブル(牡、父バゴ、母ダブルファンタジー)】が出走します。手綱を執る松山Jは「しっかりと動けています」と好感触をつかんでいる様子。まずは初戦から弾みをつけたいところです。

 さらに中京芝マイルの話を続けます。安田隆厩舎からは【スペキオサレジーナ(牡、父ルーラーシップ、母カンデラ)】が出走します。「もう一つ、時計を詰めてほしいんですけどね」と安田隆調教師は冷静にジャッジしつつ、「使いつつ、良くなりそうなタイプです」と素質は感じている様子。まずは、どんな走りを見せるかでしょう。同じく安田隆厩舎からは6月19日の阪神ダート1200メートルに【エクロジャイト(牡、父ヘニーヒューズ、母オージャイト)】が出走を予定。「血統的にこの条件から。まだレースは先ですが、良くなってきそうな感じはあります」とトレーナーは口にしていました。

 芝マイルは東京でも行われます。関西からは武幸厩舎の【エゾダイモン(牡、父ハーツクライ、母メジロツボネ)】が参戦。藤田晋オーナーで、鞍上は武豊Jです。海外G1・2勝のグローリーヴェイズを兄に持ちます。セレクトセールでは1億6500万円で落札されましたね。中間は武豊Jが何度も調教で感触を確かめています。「先週の動きは良かった。1か月くらい前に乗った時は力強さがまだまだかなと感じたけど(先週は)良かった。きれいな馬で見た目も格好がいい。気性も素直だしね」と手応えを感じているようですね。

 ということで、色々とPOG情報を仕込んでいたけど、開幕に心が躍ってしまったのか、明日のレースのことを書きすぎました。POG情報は明日に回します。ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京7R・5サリエラ(ダービーデーで素質馬が多かった新馬を快勝。もちろん、血統的な裏付けもあり、強敵不在のここは初戦から)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

中京8R・3ショウナンガニアン(「面白いと思うよ」と須貝調教師が言えば、福永Jも「距離はちょどいい」と手応え)

中京11R・4キングオブドラゴン(ここは先手を主張。先週までの馬場なら単騎で行ければ踏ん張る。距離も合う)

東京10R・4マテンロウアレス(以前の在籍時も注目していました。格上挑戦だが相手なりに走れそうなタイプ)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

スポーツ報知のPOG情報「馬トクPOGプリント2022」を全国の主要コンビニのマルチコピー機で発売中です。
 今年は各牧場のスタッフコメントのほか、スポーツ報知のPOGブログでおなじみのヤマタケ記者(山本武志記者)の厩舎レポートやヤマタケ記者、大上記者の注目馬10頭のリストつきです。
 購入方法はこちら

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×