【箱根への道】青学大、最高得点で関東インカレ総合V…ハーフマラソンでトリプル入賞

スポーツ報知
2部ハーフマラソンでトリプル入賞を果たした(左から)青学大の田中悠登、西久保遼、横田俊吾

 関東の大学の長距離ランナーにとって、箱根駅伝と並ぶ関東学生陸上競技対校選手権(通称・関東インカレ)が5月19~22日、東京・国立競技場などで行われた。今年の箱根駅伝で圧勝した青学大は今季も充実。1500メートル以上の種目で1、2部を通じて最多得点を獲得した。「関東インカレを制する者が箱根を制す」という格言がある“初夏の陣”。各校の戦いぶりを追った。(竹内 達朗)

 箱根王者・青学大は国立競技場でも強さを見せつけた。駒大、国学院大など強豪がそろう2部で1500メートル以上の種目全てで入賞。1部、2部を通じて断トツの53点を荒稼ぎした。

 1500メートル優勝の山内健登(3年)は1年時に全日本大学駅伝6区に抜てきされたが、区間9位と苦戦。その後、学生3大駅伝の出場はない。「青学大で走っている以上、やはり箱根駅伝を走りたい。1区か10区、華のある区間を狙っています」と意気込む。1500メートルでは3人が入賞。原晋監督(55)は「青学大は20キロ超の箱根駅伝だけではなく、時期や選手の適性に応じて1500メートルも強化しています」と、胸を張って話した。

 1万メートルでは岸本大紀(4年)が日本人トップの2位。原監督も「完全復活です! 今季は近藤幸太郎(4年)と岸本が青学大のエースの座を争うでしょう」と期待。「箱根2区はコース適性を考えると、岸本が一番、向いている。2区・岸本、3区・近藤とつなげば強力です」と、指揮官は早くも7か月後の箱根路に向けた戦略の一案を明かした。

 圧巻はハーフマラソン。箱根と同等の距離で勝負する耐久戦で、西久保遼(4年)が3位、横田俊吾(4年)が5位、田中悠登(2年)が7位とトリプル入賞。特筆すべきは、この3選手はいずれも今年の箱根では補欠選手だったということだ。「選手層の厚さを示せたと思います」と、西久保は堂々と話した。

 チーム内のレベルの高い争いが青学大をさらに強くしている。22年度も大学駅伝界は青学大が中心にいる。

 ◆関東インカレ

 関東インカレは1919年に第1回大会が行われ、今年が第101回大会だった。翌20年に始まり、今年が第98回大会だった箱根駅伝より長い歴史を持つ。今年は現国立競技場で初めて開催された。旧国立競技場で行われた13年以来、9年ぶりに「国立」で熱戦が繰り広げられた。

 例年5月に開催され、各種目1位8点、2位7点…8位1点が与えられ、対抗戦で総得点を競う。出場は各種目1校3人以内。男子は16校の1部、それ以外の2部、大学院生の3部に分けられる。1部の15、16位と2部の1、2位が翌年、入れ替わる。1部と2部は短距離種目などを含めた総合力で決まるため、今年の箱根優勝の青学大や同3位の駒大など長距離・駅伝をメインに強化している大学は2部に属する。今年の箱根出場20校は1部11校、2部9校。シード校に限ると1部4校、2部6校。長距離種目では1部と2部に大きな実力差はない。サッカーのJ1とJ2というよりも、プロ野球のセ・リーグとパ・リーグの関係に近い。

 安定したペースで進み、好記録が生まれやすい記録会と異なり、関東インカレでは激しい駆け引きがあり、ペースは乱高下する。「記録」より「順位」。「速さ」より「強さ」が求められる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×