【岩田康誠の熱血!!競馬道】ダイアトニックのひと脚 最大限に生かす! 東京の日曜メイン・安田記念

スポーツ報知
岩田康誠騎手のリードで一発を狙うダイアトニック

 デシエルトに騎乗したダービーは15着でした。府中の2400メートルを逃げ切るのが至難の業であることは分かっていました。ただ、「この馬ならば…」という期待を胸に挑んだ一戦でもあります。自分としてはやれることはやりましたが、今回は厳しかった。ただ、何度も書いているように幼いぶん、伸びしろの大きな馬です。ひと夏を越して、高い能力をより引き出せるだけの精神的な成長に期待したいと思います。

 今週の安田記念(6月5日、東京)はダイアトニックに騎乗します。この馬にとって、大きなポイントはゲートです。前走はダッシュがつかず、力を出し切れずに終わりました。距離に関しては京都金杯で4着がありますし、ギリギリもたせられるかなという感じ。スムーズに流れに乗り、ロスのない立ち回りでひと脚を最大限に生かしたい。一撃を狙っていきます。

 土曜(6月4日)東京メインのアハルテケSのメイショウウズマサは59キロと重い斤量を背負いますが、左回りでは強い馬ですからね。前走は右回りで競られる形になりましたが、今回はマイルへの距離短縮も魅力。東京の長い直線でも粘り腰を引き出すつもりです。(JRA騎手)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×