【DeNA】勝又温史がコロナ陽性判定 前日イースタン巨人戦出場 濃厚接触者なし

スポーツ報知
DeNAの勝又温史

 DeNAは2日、勝又温史外野手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。

 2日にBC神奈川への選手派遣で試合参加に伴う抗原検査を受検し、陽性判定。その後、PCR検査を受検し、陽性判定を受けた。無症状で、濃厚接触者と判定される選手、スタッフはおらず従前の予定通りチーム活動を継続する。

 1日のイースタン巨人戦(横須賀)では1番指名打者でスタメン出場していた。

 チームでは4月に12選手がコロナ陽性判定を受けて4試合が中止・延期となっていた。その後、5月19日にファーム調整中の伊藤光捕手がコロナ陽性判定を受けて離脱していたが、30日にチーム練習合流を発表していた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×