【社会人野球】NTT西日本3発7点で快勝!8年連続33度目の都市対抗本戦出場決めた

スポーツ報知
8年連続33度目の都市対抗本戦出場を決めて歓喜のNTT西日本ナイン

◆都市対抗野球大会近畿地区第2次予選 ▽第1代表決定戦 NTT西日本7―3ミキハウス(1日・わかさスタジアム京都)

 NTT西日本が3本塁打を含む11安打7得点でミキハウスに快勝し、8年連続33度目の都市対抗本戦(7月18日開幕・東京D)出場を決めた。0―1の4回先頭で反撃の口火を切る同点左越えソロを放ったプロ注目の4番・平良竜哉二塁手(23)は「一試合一試合必死に戦ってきた中でチームの状態も良く、自信があった」と納得の表情を浮かべた。

 今オフの振り込みの成果が出た。3月上旬から約2週間の宮崎キャンプでは、河本泰浩監督(39)が直接トスを投げる約200球ぶっ通しのティー打撃を敢行。「選手がしんどいときに、頑張れるか見えてくる」と指揮官。この日の3本塁打を含めて今予選では4試合6本塁打と打線が結果を残した。

 昨年の都市対抗では2回戦敗退。6―2の9回裏に一挙5点を失い、JR東日本東北に敗れた。「何が何でも勝つことだけを考えて挑みたい」と平良。強打を武器にリベンジを果たす。(南 樹広)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×