【中日】打線沈黙で今季8度目の零封負け 立浪監督「打てなかったという話ですよ、今日は」一問一答

スポーツ報知
7回、選手交代を告げベンチに引き揚げる立浪和義監督 (カメラ・馬場 秀則)

◆日本生命セ・パ交流戦 中日0―2楽天(1日・バンテリンドーム)

 打線が沈黙し、早くも今季8度目の零封負けを喫した。楽天・辛島の巧みな投球に翻弄され、走者は出したが、あと一本が出なかった。

 2回に2死一、三塁、6回に2死満塁の絶好機をつくったものの、三ツ俣、木下がともに凡退。8回は無死一、二塁と、この日一番のチャンスが巡ってきたが、5番・阿部が右飛、6番・高橋周が三直、7番・木下が左飛と、頼みの主力打者にここ一番で快音が出なかった。

 先発した高卒2年目・上田洸太朗投手は3回2失点で2敗目を喫し「粘ることができず申し訳ない」とうなだれた。

 以下、指揮官の一問一答。

 ―上田がピリッとせず。

 「前回の神宮では小雨の中、ストライク先行できた。今日は立ち上がり緊張したのか。調子も落ちているのかね。持ち味である打たせて取る、ストライク先行のピッチングができなかった。ちょっと反省点ですよね」

 ―その後のリリーフ陣は無失点。

 「2点に抑えたリリーフ陣というのは完璧。あとは追い上げないといけない中でね。打てなかったという話しですよ、今日は」

 ―大島の調子が上がらない。

 「(死球で)離脱し、復帰してから、ちょっと足が踏ん張れないのか打球に力がないというかね。それは続いてますけど。そのうち打つ選手ですから」

 ―辛島打てなかった

 「打てそうで打てないタイプのピッチャー。ある程度変化球も狙っていきながら、結果、チャンスは何回かつくった中で一本でなかったという話。そこだけだと思います」

 ―8回無死一、二塁で阿部の右飛で鵜飼もタッチアップできた。

 「もう少し二塁ベースの近くで待って、抜けてからでも(ホームに)かえられるんで。捕られたらタッチアップしないといけない。走塁ミスですよね」

 ―先発がもう少し出てきてほしい。

 「若い投手もこうやってチャンスなわけですからね。若い投手も来年に向けて出てこないといけないと思って使っている。今日の内容は逃げの投球にみえた。また練習してチャンスをつかんでほしい」

 ―辛島のチェンジアップに苦戦した。

「チェンジアップを打った選手もいるんですけど、明らかにカウント3―1で真っすぐない中、変化球を仕留め切れなかった。もうちょっと打席の中で冷静に判断。もちろん狙っていて打ち損じもあった」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×