新婚・矢部美穂、夫の山林堂騎手に作った手料理が美味しそう!通い婚でも「旦那様幸せ」の声

スポーツ報知
矢部美穂のインスタグラムより@miho.yabe.0607

 30日に川崎競馬所属の騎手・山林堂(さんりんどう)信彦と結婚したことを発表したタレント・矢部美穂が1日までに自身のインスタグラムを更新し、手料理を披露した。

 矢部は5月31日の投稿で「今日の晩御飯は長芋の青のり塩バター、大葉キュウリ、なすと鶏胸肉の黒酢炒め、胡麻豆腐、油揚げとあおさの味噌汁、白米」と記し、シンプルな食器にヘルシーな和食を盛り付けた食卓をアップ。「箸はお祝いでいただいたものです」と明かし、「今夜は食べ終わったら三宿です」と食事後は母・文子さんと同居する家に戻ると報告。「#おうちごはん#晩御飯#いただきます#40代#通い婚」とタグを添えた。

 フォロワーから「これは美穂さんとダンナ様のですか?」との質問が寄せられると、矢部は「そうですね」と回答。「美味しそうな晩ご飯」「美穂っちに、アーンされたい」「旦那様は幸せですね」「お料理も上手な素敵な女性」「めちゃくちゃ豪華」などの声が上がっている。

 矢部は地方競馬の馬主資格を取得しており、2020年に所有馬「ディーレクタ」に山林堂が騎乗したことがきっかけで急接近。同年5月末に真剣交際を開始し、2人は26日に神奈川・川崎市幸区役所に婚姻届を提出。9月に都内で挙式予定。しばらくは川崎市の山林堂宅と都内自宅を往復する通い婚になるという。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×