【広島】中村奨成、幻の超ファインプレー…左翼で痛烈打球好捕&併殺だ!→直前に床田寛樹の投球「ボーク」

スポーツ報知
4回1死一塁、、万波中正の左飛を好捕する左翼手・中村奨成(カメラ・石田 順平)

◆日本生命セ・パ交流戦 広島―日本ハム(31日・マツダスタジアム)

 広島・中村奨成捕手のスーパープレーが幻となる珍事が起きた。

 今季初スタメンとなる「8番・左翼」で出場。両軍無得点の4回1死一塁から、万波の鋭い打球を左中間フェンス手前で好捕。一塁走者の上川畑が二塁を回った辺りまで飛び出していたため、そのまま中継プレーで一塁送球。併殺で3アウトチェンジと思われたが、その直前に床田の投球に対し、二塁塁審・牧田審判員がボークと判定していた。

 スタンドが騒然とする中、場内アナウンスで説明があった後、1死二塁で打者・万波の場面からプレーが再開された。

 試合の流れが変わりかねない場面だったが、床田は万波を遊飛、石井を空振り三振に仕留めて無失点で切り抜けた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×