大仁田厚、FMWで名勝負のターザン後藤さん死去にツイート「ショックだ なんて言ったらいいかわからない」

スポーツ報知
ターザン後藤さん

 全日本プロレスやFMWで活躍したプロレスラーのターザン後藤(本名・後藤政二)さんが29日午後6時50分、亡くなったことが分かった。58歳だった。かつて後藤さんが所属した大日本プロレスが死去を公表し、関係者には葬儀の案内が届いた。

 全日からFMW移籍の際、後藤さんを誘い、数多くの名勝負を繰り広げた元参院議員でプロレスラーの大仁田厚は30日夜、自身のツイッターを更新。

 「ターザン後藤の訃報に接しただただ信じられない」とのハッシュタグのもと、「うまく行くかすぐつぶれるか分からないFMWを立ち上げてすぐ電話したらアメリカから帰国してくれた そんな後藤を迎えに成田まで行ったことが昨日のようでショックだ なんて言ったらいいかわからない」と悲痛な思いをつづった。

 大仁田は90年8月4日、汐留大会で後藤さんと史上初のノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチを敢行し、この試合でプロレス大賞年間最高試合賞を受賞。翌年には川崎球場大会のメインイベントで再び後藤さんとノーロープ有刺鉄線金網電流爆破デスマッチで対戦。3万人を超える大観衆を集めた。

 今回のツイートにも後藤さんとの8・4決戦で彩られたプロレス専門誌の表紙を貼り付けていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×