西郷隆盛の玄孫・西郷隆太郎氏、参院選出馬…維新公認へ

スポーツ報知
西郷隆太郎氏

 幕末の薩摩藩の志士で、明治維新の立役者として知られる西郷隆盛の直系5代目で、玄孫(やしゃご)の西郷隆太郎氏(39)が参院選(6月22日公示、7月10日投開票予定)に出馬する意向を固めたことが30日、スポーツ報知の取材で分かった。日本維新の会が公認する方向で最終調整している。公認が正式に決まった後に、6月上旬に鹿児島県庁で記者会見する予定。

 関係者は「西郷隆盛のDNAを受け継いでおり、国のことを思う気持ちはもともと強かった。これまでの選挙でいくつかの党からのお誘いもあったが、参院選に出馬することを決めました」と明かした。現在、大手企業に勤務している西郷氏は大学で国際政治を学び、鹿児島県では西郷隆盛の教えを伝える啓発活動なども行っている。祖父は、第2次佐藤内閣で法相を務めた西郷吉之助氏(参院・鹿児島)。29日の日本ダービーで歴代最多の6勝目を飾ったJRAの武豊騎手(53)も遠縁に当たる。

社会